【南丹市で市営住宅(県営住宅)の条件は?どこで申請する?家賃は?】などの疑問が5分で分かる!


■南丹市で市営住宅と県営住宅の入居条件は?



南丹市で市営住宅と県営住宅の入居条件は基本的には以下の通りです。(※自治体によって多少異なりますので、詳しくは南丹市名の役所でご確認ください。)

市営住宅や県営住宅というのは基本的に「低所得で住宅に困窮していること」が入居資格です。

具体的に言うと
  • 一般世帯:(世帯の総所得額-諸控除)/12ヶ月 = 月収158,000円以下
  • 裁量世帯:月収214,000円以下(※裁量世帯とは60歳以上・障害者世帯・中学校卒業までの子供がいる世帯のことです。)
  • 現に住宅に困っていることが明らかな者
  • 同居人がいること。ただし条件によっては単身可(60歳以上の高齢者、障碍者、生活保護受給者、DV被害者など。一部南丹市において若年層。)
  • 反社会的でないこと
  • 市営住宅の場合は地方税の滞納がないこと

というわけで基本的には南丹市では低所得で住宅に困窮していることが入居の必須条件ということです。


■南丹市で市営住宅と県営住宅の入居枠について


南丹市で市営住宅と県営住宅の入居枠には優先入居枠(一般枠には福祉枠)と一般枠があります。

優先入居枠

  • 60歳以上
  • 母子世帯
  • 生活保護世帯
  • 障がい者世帯
  • ハンセン病世帯
  • 犯罪被害者世帯
  • DV被害者世帯
  • 戦傷病者世帯など
社会的不利な立場におかれている方が優先されます。

一般枠

  • 複数家族
  • 若年単身層
  • 南丹市によっては期限付きで新婚・子育て世帯
です。


■南丹市の市営住宅と県営住宅の違いって?


市営住宅は市が運営しており、県営住宅は県が運営しており、特別に大きな違いはありません。

ただし入居条件がやや異なっており、市営住宅の入居資格のほうが県営住宅と比べて少し厳しい傾向にあるようです。

市営住宅の入居条件が厳しいというのは、自治体によっては、市営の場合だと収入ゼロだと入居できなかったり、保証人が必要だったり、市内に住所もしくは勤務先が必要だったりするからです。

しかし、市営住宅は入居条件は厳しくなりますが、毎月申し込めるためチャンスは広がっています。

また家賃ですが市営住宅も県営住宅も、前年度の所得によって決まるため市営だから安いとか、県営だから安いということはないので安心してください。

また市営住宅も県営住宅も敷金が1~3ヵ月分発生します。



■南丹市で市営住宅の家賃はいくらくらい?



本当にザックリな目安ですが、家賃は安くて0円~高くて5万代が一般的なようです。

具体的に家賃がどう決まるかというと、家賃は以下の掛け算となってます。

家賃=①あなたの所得×②南丹市の土地の価値×③部屋の広さ×④築年数×⑤利便性

つまり、あなたの所得×駅から近い・まだ新しい・部屋数が多い・南丹市の土地評価額が高いと家賃は高くなっていきます。

所得は前年度が参照されるため、例えば、今年仕事を辞めてしまったり、収入が下がってしまったりした場合はどうすればいいでしょうか?

生活が厳しい場合は特例措置として減免措置があります。


●家賃の3分の1が減免となる場合


  • 退職・離職等で収入が著しく低額となったとき
  • 疾病により医療費が多額となったとき
  • 災害により著しく損害を受けたとき



●家賃の3分の1もしくは2分の1が減免となる場合


  • 障がい者がいる世帯
  • ひとり親世帯
  • 高齢者のみの世帯
  • 戦傷病者がいる世帯
  • 引揚者世帯





■南丹市の市営住宅と県営住宅のメリットとデメリット


メリットは何と言っても金銭面でしょう。

  • 家賃がとにかく安い
  • 礼金や更新料がない
  • 定期的にリフォームをしてくれる
  • 苦情の対応
  • 管理が行き届いている


デメリットは、居住人とのコミュニケーションの煩わしさがあるかもしれません。毎月の掃除、ゴミ当番、ゴミ捨て場掃除、資源ゴミ当番、総会などどうしてもコミュニケーションをとる必要があります。

南丹市によっては自分で住みたい場所が決められないなどもあるようです。



■南丹市の市営住宅と県営住宅の申し込み方法




参考画像は山形県酒田市の市営住宅申込みステップです。

大雑把には、

  1. 南丹市にある最寄りの役所へ電話または直接行く
  2. 抽選申込書を貰い提出する
  3. 抽選会
  4. 結果(仮当選 or 落選)
  5. 当選したら住宅申込書の提出
  6. 資格審査
  7. 結果(合格 or 不合格)


といった流れです。5の入居審査にあたってはいくつかの書類が必要になります。

具体的には、住民票謄本(とうほん)、収入証明書類、都道府県税や市町村税などの納税証明書、婚姻証明書、婚姻同居誓約書、戸籍謄本などです。

またこのほかにも保証人に関わる書類や持ち家の売却に関わる書類や家賃証明などが必要になる場合があります。

そして、全ての審査を通過すると2か月ほど目安で市営住宅/県営住宅に入居することができます。

わからないことがあったら、南丹市の役所に電話で聞いて下さい。



■南丹市で市営住宅と県営住宅の申込みに不利な条件ってあるの?


申込みに不利な条件というのは、

  • 高所得世帯
  • 税金を収めていない
  • 反社会的勢力
  • 生活に困窮していない
  • 貯金や土地住宅など資産がある


つまり生活に困窮していないと見なされた場合は不利です。



最後に。南丹市で市営住宅と県営住宅を探す方に


南丹市で市営住宅/県営住宅に入居を考えている方に知って欲しいことがあります。

ぶっちゃけお金に困ってませんか?

もしお金に困っているようでしたら、下記の情報をあわせて確認してみてください。

家具・家電をタダで手に入れる方法、南丹市で市営住宅/県営住宅への引越し費用を半額にする方法など記載しています。


⇒ 手取り10万の貧困シングルマザーの私が、たった13ヶ月で貧乏生活から抜け出た方法



 

 

 

 
 

 

 
 


 
 

 

 

このページでは、南丹市の方々が、南丹市の公団住宅や府営住宅、道営住宅など市営住宅、県営住宅の広い間取りを安い家賃で申込みができるように、南丹市の市役所などで空き状況を調べ 、募集、倍率、抽選方法、応募方法、申込方法などできるかどうか、また市営住宅の再入居、敷金礼金、保証人の有無、収入基準、審査ポイントがあるか、市営住宅の初期費用は?住むには?南丹市の精神障害やDV被害者は?離婚したら?など南丹市在住の母子家庭のシングルマザーに対して情報を紹介する予定です。市営住宅、県営住宅で駐車場や団地の広さ、退去費用や撤去費用、トラブル、南丹市の役所の電話問い合わせなどを調べ市営住宅、県営住宅の口コミ、裏技、内見、入居資格、一人暮らしできるか。市営住宅、県営住宅のネット環境、値段、4人家族、南丹市の無職、無収入、名義変更、連帯保証人、必要書類などを調べて、市営住宅、県営住宅の浴槽、ユニットバス、エアコンが取り付いてるか、防音、ガス、電気、ペット可、床、リフォームされるかを参考に、市営住宅、県営住宅の減額、減免申請、原状回復、財産、お金ない、税金滞納、 親と実家で同居など、市営住宅、県営住宅のケースによっては、同居人が増える減る、場所を調べるなどして市営住宅、県営住宅の比較していきます。市営住宅、県営住宅の落選や当選情報、別居中、母子家庭、貧乏、高所得、非正規アルバイトでも大丈夫かどうか市営住宅、県営住宅の明け渡し、挨拶、イメージ、治安などの情報についても調査していきます。

関西地域で府営住宅・県営住宅・市営住宅を借りる前にチャックしておくべきサイト

京都府・滋賀・奈良県・和歌山県・三重県・大阪府・兵庫県で府営住宅・県営住宅・市営住宅を借りる前にチャックしておくべきサイト